H26. 5月6日(火)
 
  • ゴールデンウィークの最終日、今年も休館日をいただきました。
  • 娘達に「何しようか?」と尋ねると「公園で家族で鬼ごっこをしようよ♪」「お弁当を食べようよ♪」と言うので、
  • お天気の中、お出掛けして来ました。
  • 車でさえ、ルンルンとスキップしてしまいそうなくらい、家族4人の気持ちは楽しみで溢れていました。
  • そしてほのかは行く前に家族でどんな事をするか【プログラム】を作り想像を巡らせておりました。
  • 早速着いてすぐにプログラム1番の鬼ごっこを楽しみました♪
  • こんな遊びができるのも、きっと今だからこそですね!
  • 子ども達を楽しませるはずが、私達が子ども達に楽しませてもらいました。
  • そして、ゴールデンウィークの疲れが吹っ飛んで行くのを感じました。
  • 私達は前橋市の大胡の道の駅近くにある「嶺公園」と言うところで遊んで来ました。
  • その帰り道近くでとてもステキな看板があり、その看板に引き寄せられるように車を停め、少しの間そこで楽しみました♪
  • それが下の写真です。
  • なんだか心があたたかくなるようなコメントでした。(一般の牛舎の前にありました)
 
2014_05_06 2014_05_06
 
H26. 5月7日(水)
 
  • 車から外の景色に目を向けると、田んぼに水が張られたのに気付きました。
  • 耳を澄ますと「ゲロゲロ♪ゲロゲロ♪」とカエルの合唱が聞こえてきました。
  • 季節の変化を目や耳で楽しむひと時に幸せをかんじました。
  • またそう感じることで、エステに行かなくても、いや行けなくても、心の洗濯ができるのだと実感しました。
 
2014_05_09  
 
  • 水面に景色がキレイに写ってます。
  • そんな中ラジオで「あなたのおふくろの味は?」と言う質問をリスナーに投げかけ、
  • 色々なおふくろの味がリスナーから届いておりました。
  • 私のおふくろの味は何だろう?と考えてみた時1番に思い浮かんだのは、
  • 幼い頃お腹がすいた時に、すぐに作って出してくれた【味噌おにぎり】が思い浮かびました。
  • 特別なものじゃない、なんだか懐かしい味がおふくろの味なのかなと思いました。
  • 皆さんはどうですか?
 
H26. 5月13日(火)
 
  • 古いパソコンを使っていて、「最近使いずらいな〜」と思っていたら、ウイルスに侵されていると診断されました。
  • しばらくだましだまし使っており、やっと新しいパソコンを買い替えることができましたが、
  • 使い方に慣れなかったり、字体が変わってしまい、少し戸惑っているところです。
  • 私はアナログ人間で、パソコンは最小限しか使えないのですが、
  • 今の世の中、パソコンなしでは旅館業も支障をきたしてしまう時代になりました。
  • 以前の話ですが、壊れてから1ヶ月近くパソコンが使えず、
  • 予約のことやお客様とのご連絡が取れず困り果てたことがありました。
  • 今回はそうならず本当に良かった!と痛感しております。
 
H26. 5月16日(金)
 
  • 今日は子供たちの習い事について…感じたことを書かせて頂きたいと思います。
  • 私は子供のころ、好奇心旺盛な少女でした。
  • なので「やってみたい!」と思った習い事は、家計のことなど全く気にせず、させてもらっておりました。
  • しかしその割に、私にあった習い事がなく、な〜んて私に集中力がかけていて、
  • 何一つ身になったものはありませんでした(-_-)!!
  • 今思うと、大変困った娘でした。
  • 私の娘は二人とも最近まで何も習い事をしておりませんでした。
  • 娘のお友達の話を聞くと、みなさん結構習い事をしていて、また親御さん達が一生懸命な様子も耳にしており、
  • 「この子達が一生懸命取り組めるものができたらいいな〜」と焦る気持ちを押させつつ、日頃考えておりました。
  • しかし娘たちはあまり乗り気でないのも事実でした。
  • きっと学校から帰って友達と遊ぶことが、この子達にとっての楽しみなんだろうな〜と思います。
  • 私の知り合いは週5日で習い事をしているお子さんもおり、今の私たちの生活では、金銭的にも、
  • また子供たちの意欲からも到底無理なことだなと思っております。
  • そんな矢先に友人から英語教室を紹介されました。
  • 子供たちがとても喜んで習っている話を伺い、英語は依然から興味があったので、体験入学をさせてもらいました。
  • まったく話すことができない私たちでしたが、先生の間髪いれない言葉遊びといいましょうか?
  • 導きで、マネして話すうちに、なんだか英語が話せてる錯覚に陥るくらい楽しい時間を過ごせました。
  • もう少しで1ヶ月経ちますが、毎日少しの時間、CDに合わせて単語を言ったり、お話を読んだりしております。
  • もちろん気が乗らない時もありますが、『継続は力なり』を私自身も肝に銘じて、一緒にやっておるところです。
  • 今のところはなんとかやっておりますが、
  • きっとこの先「行きたくないな〜」とか「やめたいな〜」などと壁にぶつかることもあるでしょう…
  • その時が私自身も頑張りどころだと思います!!
  • 親心として、子供たちの可能性を伸ばしてあげたいと思いますが、
  • 私のように、飽きてしまったり、身に入らないのでは、お金も時間ももったいない気がします。
  • 子供の意欲次第なのですが、習い事選びって難しいな〜と思います。
 
H26. 5月27日(火)
 
  • 先週末の金曜日と週の初めの月曜日、一年生の下の娘うららは、
  • 学校に通いだして初めて「学校に行きたくない(>_<)」と渋りました。
  • 「出た!5月病」と思い背中を押して学校に送り出しつつも、
  • 月曜日はべそをかきながら、登校していったので、その姿を見ると、やはり「明日も嫌がるかな?」と
  • 少しだけ見送った後も心配が残りました。
  • 先生に相談しようか迷いつつ、「でも少しでも早くうららが気持よく学校に通える方が大事」と思い、
  • 思い切って先生に今日の状態を電話でお話ししました。
  • 「学校では元気に過ごしてますよ!」という言葉を聞いて、一安心。
  • 迷いなく学校に送りだそう!と決意し、また先生が、
  • 「まだ、クラスの子たちには話してませんが、
  • 明日は遠足のグループ決めがあるので、楽しみに来るように、話してあげて下さい」と仰っていただきました。
  • 家でうららに「どうしていやだったか」尋ねると「久しぶりの学校だったからだよ」と照れくさそうに言い、
  • また先生の話を伝えると、一層ニコニコになりました。
  • 案の定、今日は元気に出かけて行き安堵しております。
  • 親の心が揺れると子供も揺れ、また子供の心が揺れると、親の心もざわつきます。
  • 私は仏様に手を合わせるとき「家族がいつも気持よく過ごせますように…どうぞ見守ってください」とお願いします。
  • 娘のことだけでなく、少しずつ年を重ねていく母のことも常に気にかかります。
  • みなさんも家族に対する思いは、同じ気持ちでおられることでしょうね。
 
H26. 5月28日(水)
 
  • 本日、四万温泉内にある「摩耶の滝」を散策する機会がありました。
  • 久しぶりの摩耶の滝で、お客様にもご覧になって頂けるよう、是非写真に収めて来よう!
  • と張り切って行ってまいりました。
  • 仲間は四万温泉に住む女の人たちの会「つくしの会」のメンバーです。
  • 近づくにつれ、滝が雄大に流れおちる音がしました。
  • その音に誘われて気持が先走ります。
  • 階段を下ると滝が見えました!
  • 「もっと見たい、もっとよく見たい」と足が前に進みますが、やはり下をのぞくと滝壷に水しぶきがあがり、足がすくみます。
  • 人の手が加えておらず、自然のままでとても厳かな感じがしました。
  • 家にたどり着き、くたくただったけど行って良かったです。
 
2014_05_28 2014_05_28
2014_05_28
  • 摩耶の滝の色々な表情