H29. 1月11日(水)

  • ご挨拶が遅れまして誠に申し訳ございません。
  • 昨年中は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございました。
  • 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
  • 有難いことに、年末から9日の朝までお客様がいらして下さり、業務が続いたので、昨日お正月休みをもらいました。
  • 私共の仕事はお正月はかきいれどきですので、走るように過ぎていきます。
  • なのでここでゆっくりお正月を振り返ってみました。
  • 今年のお正月はこの時期とは思えないほどの暖かさで、穏やかなお正月でした。
  • お見えになるお客様も雪の心配なく、お越し頂け本当に良かったです。
  • 我が家の事ですが、ここ数年お正月はお雑煮を食べるくらいで、忙しさにかまけてお節料理を用意せず、子供たちに食べさせてあげられずおりました。
  • 去年子ども達が「家はお節料理を食べないの?」と寂しげに言っていたことを思い出し、
  • 母と相談し、買って、切って、詰める物を慌てて用意し、子供たちとお重箱に詰めて準備しました。
  • 実際は子ども達の好みに合うものが入っていなかったので、箸は進まなかったのですが、
  • お重箱に詰めたりする準備は本当に嬉しそうで、目を輝かせていたのが印象的でした。
  • 私自身もそうですが、きっとこういう経験が大人になって家族との良い思い出として思い出されることだろうと思います。
  • 伝統行事の大切さをつくづく実感しました。

H29. 1月12日(木)

  • お正月の忙しさが嘘のように、お正月が過ぎると四万温泉は閑散期に入り町中も旅館の中も静かになります。
  • 毎年の事ですが、同業者の友達と、「何か内職の仕事はないかね?」と正直、
  • 時間を持て余すことを不安に感じていたりもします。
  • また普段、仕事で慌ただしく動いていると、お昼過ぎには5000歩以上歩くのですが、
  • やはり座って仕事をしていると半分くらいしか歩かず、「あまりいいことなし」ですね!
  • でも今日は仕事も落ち着いた時間に、万歩計も進まないから、家を出てみようと30分間ウォーキングをしてみました。
  • 外の風はとても冷たく鼻先は特に冷たく感じるほどですが、それもなんだか気持ちよく、普段あまり気にすることのない、
  • 冬の木々の様子に「子供の頃この景色みた!」学校の行き来や山に遊びに行った時に目にしたなと昔の気持ちに戻ったり、
  • キツネが私の前をものすごい速さで横切ったので、思わず、後を追いかけたり、
  • 寒い中でも鳥が元気にさえずる声を耳にして、私も元気でいようと励まされたりと、わずかな時間でとても新鮮な気持ちに変わりました。
  • 『自然は人の心を豊かにしてくれる』とは本当の事ですね♪
  • 身近な気分転換の方法を見つけたので、これからも時間があるときは歩いてみようと思います。
  • もしかすると良いひらめきがあるかもしれないですね!

H29. 1月29日(日)

  • 今年の初めは大変暖かく、今年はもしかして『暖冬』と期待をしてしまいましたが、大外れ!
  • 先々週は毎日20㎝くらいの雪が3日間降り積もり、最高気温も氷点下、雪かきをしない場所は、計60㎝くらい積もったのではないでしょうか!?
  • 四万温泉は大雪が降る場所ではないので、こう毎日続くと、ご近所の方と挨拶をする度に
  • 「もう雪はいいよね(>_<)」という言葉が自然と出てしまいます。
  • こんな風に大人たちが雪かきに追われて、「肩が痛い」「腰が痛い」と気分が沈みそうになるそばで下の娘に、
  • 「大人は嫌かもしれないけど、子供たちは雪が降ると嬉しいの♪」と明るく軽やかな声で言われ、下を向いていた、私の気持ちと顔がパッと上を向きました。
  • 周りを見ると、スキーウェアに着替えて思いっきり雪遊びを楽しむ娘や姪っ子甥っ子の姿。
  • それを見て私の固くなっていた表情が柔らかくなったのは本当です。
  • 大変な思いばかり考えず、その裏にある良い事にも気づけたら、もっと幸せが増えるかもと教えられました。
  • 『大雪の後の傑作品』
  • そして昨日は、ここ数日は雪が降ってないのですが、きっと四万の奥に行けばまだ手付かずの雪が残っているはず!
  • と子供たちと一緒にスキーウエアを着て、行ってきました。
  • 雪は十分残っており、子ども達はその雪を見てテンションマックス♪
  • 少し山の方に入るので、まっさらな雪の上に色々な動物の足跡を見つけて
  • 「これはカモシカかな?」「これは何の動物だろう?どんなことして歩くとこんな足跡になるんだろう?」と目を輝かせておりました。
  • 遊びの最後は四万の最奥に『スポーツ林』いう場所がありそこへ行ってみました。
  • 今はテニスコートとグランドゴルフ場になっておりますが、私たちが子供の頃はリフトのないスキー場でした。
  • 車を停めた所から片道1キロくらいの道のりで、道中誰にも会うことがなく、とても静かな林道です。
  • 杉の木から溶け始めた雪がガサガサと落ちたり、風が吹いてザワザワと木々が揺れる音にとても敏感になり、3人寄り添いながら歩いていきました。
  • やっとたどり着いたものの、あまりの静けさに、長居できず、数回そり滑りをして戻ってくる感じでしたが、
  • 夕ご飯の時、娘たちが今日の事を思い出し「楽しかったね♪」と言ってくれました。
  • 特に帰り道にこっそり、林道の坂道で滑ったそりが一番スピードが付き面白かったそうです。
  • 最近の私の頭は『遊び心』が無くなっていたな~と気づかされました。
  • 遊び心はきっと物事を楽しくするためのヒントですね♪

  • バイパス沿いにある雪遊びができる広場


    スポーツ林

H29. 1月31日(火)

  • 私事ですが、昨日が私ども夫婦の結婚記念日でした。
  • ここ数年、結婚記念日を祝うようなことはしてなく、去年は二人ともすっかり忘れていて、数日過ぎてから、「あれ!結婚記念日過ぎてない?」と思い出すような状況でした。
  • そして、「せっかく今年は思い出せたことだし、ケンタッキーでチキンでも買って皆で食べようか!」とちょっとした家族パーティーを提案しました♪
  • 旦那も少し照れながら「いいね♪」というので決定!
  • 大好きなフライドチキンは少しヘビーなので、後の料理は野菜重視で豆腐サラダと野菜たっぷりスープを用意しました。
  • いざ食べようという時に娘たちから「パパとママここに立ってください!」と
  • そして「二人からです♪」と結婚式の二人の写真や家族の写真が入った寄せ書きと、自分たちのおこづかいで買ってくれた、メモとペンをプレゼントしてくれました。
  • 「二人とも仕事で使うでしょ!」とのこと。
  • 子ども達の気持ちが本当に嬉しく、後で旦那は「涙が出そうになってやばかった!」と言ってました。
  • 『子ども達が二人で考えて』という事に、成長を感じました。
  • 余談ですが、私の勝手な想像で二人仲良くプレゼントを選んでくれたのかな?と思い聞いてみると
  • 「お姉ちゃんばっかり勝手に決めて」とちょっとケンカをしながら買い物をしたことをばつが悪そうに言っていました。
  • 「まぁ二人らしいかな…」と思いました。
  • そんな二人の為にも家族仲良く過ごしていきたいと思いました。