H26. 11月11日(火)

  • またまたダイジェストとなってしまいました(>_<)
  • 10月~の私の周りで起きたことをご紹介いたします。宜しかったらお付き合いくださいね。

  • 10.8(水)
  • 10月7日から始まった四万温泉秋祭り、温泉をお祀りする祭事で、
  • 四万温泉に住む者にとって、一年に一度の大きな、また楽しみでもある行事です。
  • ここ最近では子供たちの人数が減ってしまったことから、
  • 練り歩く時間や範囲が減ってしまい、縮小されてしまっておりますが、
  • やはり住民だけでなく、旅館さんを回ると、お客様が皆喜んで下さるので、是非続けて行けることを願います。
  • そんなことで、下の娘も助っ人を頼まれ、手古舞をさせていただきました。
  • 3度目の手古舞ということで慣れたもので、カメラを向けられると、2人で上手にポーズをとってカメラ目線!
  • 私のころは、高学年にならないと順番が回って来ず、また1度しかできない、憧れのポジションでした♪
  • うららとお友達と(前髪を短くした)私


  • 10.27(月)
  • お昼休みに、四万温泉の奥さん仲間と「奥四万湖へカヌー体験」に参加してきました。
  • 四万温泉手前にある「四万湖」のカヌー体験は一度だけしたことがありましたが、
  • 奥四万湖は水面に近づくことも初めてなので、とても楽しみにしておりました。
  • まだ紅葉も楽しめ、また何より水の色がとても神秘的な青できれいなので、本当にこの自然は四万温泉の自慢の一つだな♪と痛感しました。
  • そばで見る湖の中は浅瀬は透明感があるのですが、深いところは、水の色も深みのある青をしており、全くそこが見えません。
  • それだけにとても神秘的な雰囲気が漂ておりました。
  • また普段足を踏み入れないような所まで入っていけるので、何だか得をした気分にさえなります。
  • ただこの日は風が強かったので、流されないよう漕ぐのが、運動不足の奥さん達にとってはちょっときつかったです。
  • ボート選手の気分でした。
  • 穏やかな日はスイスイ漕げて気持ちが良いだろうな~と風を恨みました(>_<)
  • これからは寒くなってしまうので、お勧めできないのですが、春から秋まではとても気持ちが良いと思います。
  • 二人乗りボートで、しっかり者の人が後ろを乗った方が良いと言われ、私は前に選ばれました。
  • ま~仕方ないですね。

  • 10.31(金)
  • 今日はハロウィンでした。
  • 今年は娘たちが英語教室に行き始めたこともあり、そこで仮想楽しんだり、ゲームなどして遊ぶとのことで、
  • 100円ショップなどで少しずつ衣装を揃えました。
  • まだまだ新米の私たちは軽い仮装でしたが、慣れたお子さんたちは、アナと雪の女王の仮想をしたり、
  • お化粧などで凝った仮装をしていたお友達もいて、そんな様子を見るのもすごく楽しかったようです。
  • その日のことを作文に書いたり、また「来年も仮想したい!」と張り切っておりました。
  • 私も来年はスカートくらい縫ってあげられたらいいな~なんて理想のお母さんを思い描いております。
  • 英語の帰り道、コンビニに寄ったところ、
  • レジで「お菓子くれなきゃいたずらするぞ!」とこの格好で言おうと企んでいる妹に、
  • 姉のほのかは冷静に「ダメだよ!そんなキャンペーンしてないんだから!」と止めました。
  • それに気づいた店員さんがくすくす微笑ましく見ており、「ごめんね。あげられるものがなくて」と声をかけてくれました。
  • それだけでも娘たちは嬉しかったようです♪うちの娘たちは来年はご近所回りもしたいと企んでいるようです。
  • 本当にやってしまいそうで、目が離せません。

  • 11.5(水)
  • 中之条町の中に「廣盛り」という以前酒蔵をしてところが、そのまま残っております。
  • 今はギャラリーとなっていて、鳥追い太鼓の展示が常備してあったり、またイベントなども行われます。
  • 今回は11月1日~9日まで工芸品作家さんの作品が飾られ、
  • その作品を購入することもできるというので、無料で見学できることもあり、子供たちと出かけてみました。
  • 酒蔵の建物はとても立派で、そこにいるだけで、何か物づくりの音が聞こえてきそうな気がしてとても不思議な世界に引き込まれます。
  • 作品も素晴らしく、中にはこんなのが家にあったらいいな~と夢を描きたくなるような作品もあり、
  • わずかな時間でしたがとても楽しめました。
  • こんなお面をかぶってブランコに乗る作品もありました。
  • これからもこちらを利用して沢山のイベントが行われるといいなと思います。
  • ハロウィンではないですよ♪

H26. 11月30日(日)

  • 旅館の仕事をしておりますと、なかなか子供たちと休みが合いません。
  • きっと旅館業に限らず、飲食店を営んでいる方や、デパートにお勤めの方など、
  • 土日休みでない仕事をされているお父さん、お母さん方はきっと同じ思いを抱えていらっしゃることと思います。
  • この前、上の娘のほのかに
  • 「ほのかたちは、他の人達よりお出かけすることが少ないよね」なんて言われてしまいました。
  • 確かに土日に遊びに出かける事はなかなかできなく、
  • 私が仕事をしている周りで兄弟げんかをしたり、仲直りをしたりしながら遊んでいることが多いです。
  • 今は色々な状況を考えると「仕事優先」となってしまうのはどうにも変えることができないのですが、
  • 私が少しでも早く帰れると「ママ、今日早いね!」と嬉しそうに飛びついてくるので、
  • そんな子供たちの気持ちを大切に思いながら子供たちと向き合っていくことを、常に忘れずいたいと思います。
  • そんな矢先、11月最終日曜日、お休みを頂くことができました!
  • 数日前からこの日を、家族4人とても楽しみにしており、1年生の次女うららは、群馬サファリに行くと決まってから、
  • どんな動物を見るか、どんな事をするか自分なりの予定を立て、ノートに書きこんでいました。
  • 更にはチェック欄を作り、もれなく楽しめるよう張り切っておりました。
  • そしてほのかは行きの車の中で「ほのかは家族で出かけるのが一番好き♪」と
  • 言葉が躍りだすんじゃないかと思うくらい弾んだ声で言っていたのがとても心に響きました。
  • うららは忘れずにノートを持参し、
  • 「ライオンを見る」と車の中で必死になって○を入れていた姿は本当に可愛らしかったです♪
  • なぜ群馬サファリを選んだかというと、動物に触れたり、見たりするのが子供たちが好き♪
  • という理由ももちろんあったのですが、
  • 大人2,500円が500円にというチラシが新聞に入っていたという大人の事情もあったことは、内緒にしておきます!
  • お休みを頂け、家族で出かけて楽しい時間を過ごせたことは本当にありがたいことでした。
  • また、「ママ頑張るよ~」という気持ちをもらえました。
  • 「早くエサをくれ~くれないと怒っちゃうぞ~」なんて聞こえてきそう!迫力満点
  • 「ホワイトタイガーを見る○」